M 邸(諫早) 2016年8月完成 

玄関を入ると木々の緑が正面に!リビングからダイニングを

オープンキッチンとダイニングキッチンに続く嬉しいパントリー

縦格子から優しい木漏れ日がお客様のお泊まりは和室で!

便利な収納のある洗面スペース子供部屋は後で仕切りましょう!

2Fのフリースペース。遊び場にもピッタリ2Fからリビングを

楽しみが広がる家!!

メイン道路から入った静かな住宅街に建つ木製の縦格子が印象的なお住まいです。
元気な二人の男の子と住まいに夢を語ってくださったすてきなご夫婦。
どのような住まいがご希望か、毎日の生活で大事にすることなどいろいろとお話を聞きながらプランを進めていきました。
大事にされていたのは木を使ったイメージ。また趣味の道具の収納や奥様にとって大事な動線についても、ご希望をお聞きしながら練り上げていく中で今回の間取りができました。
まず外観に使っている縦格子はセラガンバツ。デッキ材としてその風合いと堅牢性で人気のあるハードウッドですが、今回はデッキだけではなく縦格子にも採用しました。年数を経るとグレーの落ち着いた色に変わっていきますが、その変化も楽しみますとおっしゃってくださったので無塗装にしています。外壁の塗り壁の濃いグレーにナチュラルな木がおしゃれな雰囲気となりました。この縦格子は和室の正面になり道路からの優しい目隠しにもなっていて、外に植えたアオダモやヤマボウシ、中庭に植えたイロハモミジとともにホットする空間を作っています。


配置に工夫をしたのは使いやすい収納です。玄関を入って左手には外出から帰って便利な洋服掛け、アウトドアグッズ用のたっぷり収納。キッチンとつながった部分には大きなパントリー。2F寝室には季節替えの寝具もしまえるウオークインクローゼット。キッチンから洗面所・洗濯室・浴室へはコンパクトな動線で家事の能率も上がります。
住み心地・住まいを楽しむポイントは玄関から入って感じる天井の高さ、そして靴を脱ごうとした時、正面にそよぐ緑の木々にも現れています。ハイサイドから入ってくる光、リビングと和室に面してのデッキ。すべてが毎日の生活を豊かにして家族の会話や季節ごとの楽しみが増えていく、そんな家です。
玄関内と階段に設置した鉄製の手すりはご主人がデザインされ特注されたもので、優しい曲線にはご家族のやさしさと遊び心が表れています。