M 邸(島原) 2012年12月完成 

BEFORE::NEXT

アプローチの植栽スタディコーナー

外の景色も取り込んでリビングと続く和室

ピクチャーウィンドウキッチン

先面カウンターハンモックにゆられて

ロフトの窓南側より

ハンモックのある家

ハンモックとロフトのある家を!これが最初にお会いしたときにお聞きしたご要望でした。
ご夫婦と小学生のお嬢様の3人家族。手芸やお花が大好きとのこと、夏にはバーベキューをするのもいいですよね・・と生活の楽しみ方をいろいろと提案しながらの打ち合わせです。
敷地は雄大な眉山と海が見える気持ちの良い場所。北側のパノラマが特に素晴らしいので大きな窓をとることに。まず玄関を開けたとき、またリビングスペースにもデスクコーナーを設けたりと存分に景色を楽しめるようにデザインをしました。
奥様が特にご希望されたのはキッチンと水回りの動線を回遊式にすることと、十分な収納スペースでした。玄関のウオークイン靴収納や、ローカ側とリビング側の両方から使える収納など使い勝手の良いものになりました。


キッチン・ダイニング・和室は大きな一つの空間とし必要に応じて区切ることが出来るように天井までの太鼓襖で引き込み戸を作りました。和室の飾り床には外のイロハモミジが一幅の絵になるようにピクチャーウィンドウを、四季折々の楽しみが一段と広がります。
2Fのファミリールームにゆ~っくりゆれるハンモックをつるすことにしました。家族全員で楽しめるスペースです。眺望を楽しみながらも、外からの視線を気にせずにリラックスできるよう、あえて細いピクチャーウィンドウを3連並べました。細いけれども風を取り入れる窓としても機能します。
ロフトがあるのはお嬢様の部屋。ファミリールームのハンモックを見下ろすこともできゆっくりと本を読んだり、手芸をしたりと「とっておきの空間」になりました。
駐車スペースから階段を上ったアプローチは円を描いてエントランスへと導きます。シンボルツリーのジューンベリーやドウダンツツジがこれからの四季を彩っていくのが楽しみです。