T 邸(島原) 2013年7月完成 

BEFORE::NEXT

エントランス中庭

リビング和室からも中庭が・・・

アイランドキッチン洗面カウンター

ロフトから見下ろす東面より

柴犬もごあいさつ夜のライトアップ

街に和みをもたらす家

ペットの柴犬も家族の一員。みんなが楽しめる家をとおっしゃるご夫妻。趣味も多彩でインテリアにも良いセンスをお持ちです。お嬢様を含めてみなさんのライフスタイルを伺うことから始めました。
プランを作る上で主に次の3つの事を考慮しました。
まずは周りの環境です。城下町島原の昔からの住宅街であり湧き水もあるという理想的な立地ですが、道路に面している点を考えて、プライベートな空間をいかに気持ち良く作るか。
次に奥様も仕事をお持ちですので、家事をされる時に便利で効率が良いことはもちろん、楽しい気持ちでできるようなしかけを考える。
そして打ち合わせのたびに話題に上るペットの柴犬君達も、気持ち良く過ごせるようなスペース作りです。
第一に提案したのは中庭を中心にした部屋の配置です。エントランスから、そして和室やダイニングからも中庭の樹々を楽しめるように考えました。一日の時間によって変わる光り、季節による自然の移ろいが毎日の生活に彩りを添えます。常緑樹のシマトネリコ、白い花と明るい新緑が美しいリキュウバイ、可愛い実が楽しめるコマユミなど常緑樹と落葉樹を配した中庭はアクセントに枕木を並べて全体を引き締めています。
キッチンは落ち着いた色のアイランドキッチン。お嬢さんとお料理やお菓子作りをされるということでワークスペースも十分に、収納もたっぷりです。ダイニングの一部には奥様のワークスペースを設け、照明やインターフォン、ブラインドのスイッチなどもまとめました。


家事を便利にするには動線も大事です。キッチンからユーティリティ、そして浴室や寝室へと、くるっと家を回遊できるようにしました。もちろん中庭を眺めながらの移動です。キッチンの横にあるユーティリティには洗濯物をたためるカウンターも設置しました。乾いた洗濯物を一時置いておけるところ、アイロン掛けもできるスペースは家事の能率を高めると共に他の部屋をスッキリと保つことが出来、気持ちに余裕が生まれます。
柴犬君達への配慮も十分です。家の周りにはドッグラン、湧き水を飲める水飲み場、雨に濡れないようにテラス屋根も設けました。道に面した塀には顔だけを出せるような小さな窓を開けましたがこれはデザインの一部にもなっています。朝早く散歩にいく方や登校中の子供達が通ると、この窓から顔を出して可愛い鼻をのぞかせます。みんなが楽しみにしていて声を掛けたり写真を撮ったりと街のアイドルになっているそうです。
引っ越しをされてしばらくして「いかがですか?」と住み心地をお聞きしました。
「家によってこんなに心持ちが違うとは思いませんでした。毎日、気持ち良く過ごしています。お客様も時間を忘れてリラックスできるとゆっくりしてくださるんですよ。」と奥様からの嬉しいお言葉です。
家族はもちろん周りにまで笑顔と優しい気持ちを運んでくる和みの家が街にひとつ加わりました。