大正10年、星野兼平が創業した土木工事請負業「星野組」が前身となり、現在の星野建設株式会社が生まれました。
  この写真は昭和13年、現在の島原市大手広場より万町サンシャインアーケード街入口の大手川付近での「星野組」舗装工事を撮影したもの。
  左奧の洋風建物は今も健在です。
  左手一番手前が創業者の星野兼平、右の重機ローラーに乗って犬を抱いているのが2代目社長星野國盛です。
  樽に詰められたアスファルト乳化剤、これを散布する柄杓や専用のバケツなど当時の道路舗装工事の様子がうかがえます。

  今年、星野建設は創業93周年を迎えます。これもひとえに皆様方の温かいご支援の賜物と深く感謝いたしております。
  創業以来、土木・建築の設計施工のあらゆる分野で技術の向上、高品質の追求、新しい創造性の開発を念頭に、お客様の
  ご満足を第一に社員一同努力して参りました。
  90年の実績と信頼を誇りとし、今世紀もまた新しい開拓精神「星野スピリッツ」で皆様方のご期待に添うべく努力して参ります。
  これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。